本文へスキップ

子どもたちの明るい笑顔がいっぱい

〒382-0831 長野県上高井郡高山村高井3455
TEL.026-245-0594
MAIL.tomosodachi@takayama-syo.ed.jp

   

校長室の窓

2021年5月12日(水)5月校長講話
 本日はZoomでの校長講話でした。イソップ童話の「ロバを売りに行く親子」の話から考えさせられることを親子の側と親子に声をかける人側から考え、主体性をもつことと、共感し多様な視点で考えることの2点について本年度の重点目標「わくわく学び よりよい生活 笑顔であいさつ」と関連づけてお話をしました。子どもたち同士の感想を近くの人と話す時間も設けましたが、本日はスクールカウンセラーの先生の紹介もあり、短い時間となってしまいました。時間を確保し、子どもたちに直接の声を聞けるともっと多くの視点で自分の考えを述べてくれたのかなとも思います。
2021年5月7日(金)あいさつデー
 令和3年度の高山小学校の重点目標は、「わくわく学び よりよい生活 笑顔であいさつ」ですが、重点目標の達成に向けて新たな試みをいくつか行っています。本年度より始めた月に1度のあいさつデーもその一つです。あいさつデーには、担当の職員よりあいさつについてお話をします。今回は教頭が担当をし、Zoomで行いました。内容は、「あいさつのしかた・コツをたのしくおぼえよう」と題して、「あいさつのコツ」である「@目を見てAにっこり笑ってB自分からあいさつ」を実践できるように4〜5人1組であいさつリレーを行いました。最後に6年生の代表児童から感想を発表してもらいましたが、あいさつをしてうれしい気持ちになることやあいさつが魔法の言葉であることを実感したなどの発表がありました。今後も継続をしてさらにあいさつの向上をめざしていきたいと思います。
 本日より家庭訪問が始まりました。今年度は、1学年及び学級担任の変わったクラス、希望のあったご家庭を対象に行います。令和3年度が始まり1ヶ月ほどが経ちましたが、学校での様子、お家での様子、頑張っている姿、心配なことなど、率直にお話ができればと思います。お世話になりますがよろしくお願いします。なお、家庭訪問だけでなく、何かご相談されたいことがありましたら、いつでも学校までご連絡ください。 
2021年4月30日(金)遠足・地域探検・児童総会
 本日は、1・2年生が遠足、3年生が地域探検、そして4〜6年生は児童総会と、行事の多くあった1日でした。
 朝、1〜3年生の皆さんのお見送りをしましたが、表情よく元気いっぱいに出発をしました。引率した職員から様子を聞くと、1日に楽しく活動ができたようです。学校に帰ってきた3年生は「お弁当がおいしかった」と話をしてくれました。残念ながら、桜の時期は過ぎてしまいましたが、高山の自然や名所を肌で感じ取ることができた1日だったようです。
 児童総会では、全員が一カ所に集まることができませんでしたので、Zoomを使って行いました。役員の発表だけでなく、質問・意見についてもZoomで行い、双方向でのやりとりができました。「なぜ活動するのか、活動してどういった姿にしたいのか、やってみてどうだったのか、次はどうするのか等」を考えることで、心のこもった活動になるとともに、活動を通して自主性や、協力する態度、責任感ある行動といった力が身につくので、会長を中心に積極的に活動に取り組んで欲しいことを伝えました。
2021年4月27日(火)交通安全教室
 今週は月曜日、火曜日と交通安全教室が行われました。1・2年生は安全な歩行の仕方について、3年生以上は自転車の安全な乗り方について学びました。村の駐在所の方や交通安全協会の方にもご来校をいただき、ご指導を受けました。1、2年生は道路を横断する際の左右・後方確認をご指導いただきました。自転車に乗る場合は、被害者にも加害者にもなり、保険の加入が義務づけられていることを学びました。自分の命は自分で守ることを基本に、安全な登下校、安全な自転車の乗り方ができるように、学んだことを実践していきたいものです。 
2021年4月23日(金)授業公開日
 本日は本年度初めての授業公開日でした。授業参観は分散、午後予定をしていたPTA総会は中止、学級懇談会は1学年及び学級担任が昨年度と替わったクラスのみ場所に配慮をしての実施となりました。健康チェックシートの提出を含め、ご理解、ご協力をいただいていることに感謝です。
 さて、子どもたちの様子はいかがだったでしょうか。いつも以上に集中をして授業に臨めたのではないかと思います。天気のよい日が続き、校庭で元気に遊ぶ姿も見られますが、子どもたちにとって笑顔あふれる学びの場となるように努めてまいりたいと思います。
2021年4月16日(金)職員研修
 本日は、GIGAスクール構想に向けて、職員研修を行いました。高山小学校で主として使う端末支援ウェブシステムについて、講習を受けました。様々なシステム利用の仕方を身につけ、より効果的なICT教育を考えていきたいと思います。今後、端末の貸与、実際の運用等を進めていきたいと思います。
2021年4月13日(火)避難訓練
 今日は、今年度初めての避難訓練でした。今日の避難訓練は、避難経路をしっかり覚え、安全に素早く避難することが目的でしたが、講評をいただいた消防署の方からは、大変よくできたとのお褒めの言葉をいただきました。子どもたちには、
@避難経路をしっかり覚えられたか。
A「おはしも」 押さない 走らない しゃべらない 戻らないを守ろうとしたか。
Bハンカチで口を押え、煙を吸わないようにしたか。
の3点について問い返すとともに、どこにいるときに火災や自然災害が発生するかわからないので、どこから逃げるか、いかに情報を集めるかを大切にして欲しいと話をしました。そのために、いざというとき、どこから逃げたらよいのかを考えたり、情報を集めるためにいつでも人の話を聞いたりすることができるようにすること、一番危険なことは、何も考えないで行動することであることを話しました。子どもたちには、訓練の機会を大事に考えるとともに、自分で考え判断できる力も養っていって欲しいと思います。    
2021年4月6日(火)令和3年度スタート 
 本日より、令和3年度がスタートしました。
 本年度の学校目標は、「ひとりだち、ともそだち」
 重点目標は、「わくわく学び よりよい生活 笑顔であいさつ」です。全教職員、力を合わせて、子どもたちの成長のために、教育活動に取り組んでいきます。どうぞ、よろしくお願いします。
 さて、本日は、入学式、1学期始業式があり、出会いの1日でした。
 1年生は、キラキラと目を輝かせ、ちょっぴり緊張しながらも元気いっぱいに登校しました。1年生の皆さんには、「挨拶をしっかりしよう」「進んで自分から学びましょう」「きまりを守り、安全な生活を送りましょう」の3点をお話しました。小学校6年間で大きく成長してくれることを願っています。
 1学期始業式では、新任の教職員を紹介したり、学級担任などの発表をしたりしました。新たな出会いを大切に、1年間過ごしたいと思います。始業式では、各学年への期待と「めあてに向かって自分で考え、自分で行動すること」「笑顔であいさつ」についてお話をしました。
 桜咲く佳き日に、力強く令和3年度の第一歩を踏み出すことができました。   
2021年3月18日(木)別れの一日 
 本日は、三学期終業式、離任式、卒業式と別れの1日でした。終業式では、やろうやろうとしていてもつい怠けてしまう自分と別れる。なかなか自分から挨拶ができない自分と別れる。今までの自分と別れて新しい自分をつ'る。よい別れが、よき出会いにつながることを話しました。また、卒業式では66名の卒業生が立派に卒業をしていきました。卒業生が堂々と胸を張り入場してくる姿、そして凛とした姿勢で卒業証書を受け取る姿に胸が熱くなりました。式辞の中では、卒業生の皆さんに「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ やがて大きな花が咲く」との言葉を贈りました。卒業生の皆さんには、しっかりとした根を張り、自分らしいただ一つの花を咲かせて欲しいと願っています。
 今日は、本当に素敵な一日となりました。激動の令和2年度でしたが、192日の登校日をもちまして、本日で修了となりました。ご支援、ご協力をいただいたすべての皆様に感謝をいたします。ありがとうございました。  
2021年3月11日(木)6年生を送る会 
 本日は、6年生を送る会が行われました。6年生と1〜5年生が対面をする形にしたいとのことで、体育館にいる6年生の前で、1学年ずつ教室から来て発表をし、退席する形としました。その間、他学年の児童は、Zoomでその様子を見るようにしました。工夫された体育館の装飾、各学年の心のこもった発表、6年生からの力強い詩の呼びかけ等、すばらしい6年生を送る会となりました。最後に、5年生が用意をしてくれたくす玉を代表の6年生に割ってもらいましたが、大成功でした。
3月の生活目標は、「ありがとうの気持ちを伝え合おう」ですが、今日の「6年生を送る会」は、まさしく目標通りのすばらしい会になったとともに、いよいよ6年生が、高山小学校を卒業する日が近づいていることを実感しました。
 心温まるひとときを一緒に過ごすことができ、とても幸せな気持ちになりました。感謝です。ありがとう。 
2021年3月1日(月)いよいよ3月   
 3月になり、いよいよ年度末を迎えています。3月18日(木)には卒業式を控え、学習や学校生活のまとめの時期となりました。3月8日(月)からは、学期末清掃も始まりますが、子どもたちは、一年間お世話になった校舎に感謝の気持ちをもって清掃に取り組んでいます。特に、卒業学年の6年生は、六年間の感謝を踏まえ、奉仕活動も計画されています。「もの ひと こと」とのよい別れが次のよき出会いにつながることを信じながら、残されたときを過ごしたいものだと思います。 
2021年2月22日(月)児童総会    
 本日、テレビ放送にて児童総会が行われました。新型コロナウィルス感染拡大防止により活動が制限される中、一年間活動を進めてくれた児童会の皆さんには感謝です。。コロナ禍の中では、前例踏襲というわけにはいかないこともあります。限られた中で工夫をすること、そして、よりよいものを求めていくことは、ある意味貴重な経験であったかもしれません。また、今回の議案書は、どの委員会もとても丁寧にまとめられており、ここからも、6年生の役員のみなさんの児童会に対する誠実な思いが伝わってきました。各委員会では、本年度の成果と共に次年度に向けての課題も明確に示されており、5年生を中心とした次期児童会への道筋も残してくれました。
 あと1ヶ月あまりで令和3年度がスタートしますが、6年生が築いた伝統を令和3年度も引き継ぎ、発展させていって欲しいと思います。どんなことができそうか、そのためにはどうしていけばよいのかを令和2年度の残された時間の中で具体的に考え、チャレンジしていって欲しいと思います。 
2021年2月16日(火)2月の授業公開日    
 2月は3回に分けて授業公開が行われます。2月9日には高学年の授業公開がすでに行われ、本日は、中学年の授業公開が行われました。新型コロナウィルス感染拡大防止対応として、ソーシャルディスタンスが確保できる体育館と多目的室を使い、それぞれの学年や学級に合わせて学習発表会が行われています。子どもたちは分担をしながら教科学習や総合的な学習の発表をしたり、6年生のように、これまでの自分を振り返り、将来の夢やなりたい自分について個々に語ってくれたりしています。
 残すは低学年対象の授業公開のみで、2月25日を予定しています。 
2021年2月10日(水)有終の美を飾る    
 卒業式まで1ヶ月余となり、令和2年度のまとめの時期を迎えています。本日の校長講話では、木登り名人の話をし、令和2年度の残りの学校生活や学習について考えてもらいました。最後に気を緩めることで、立てた目標が達成できなかったり、よいまとめや締め括りができなかったりするので、残り少ない令和2年度ですが、油断することなく、最後まで自分がすべきこと、自分で立てた目標に向かって、精一杯努力をし、有終の美を飾って、令和2年度の締め括りをして欲しいことをお話ししました。特に、3月に卒業をする6年生の皆さんには、有終の美を飾って卒業をしていって欲しいと思います。
2021年2月6日(土)
    信州ESDコンソーシアム成果発表&交流会
 信州ESDコンソーシアム成果発表&交流会がZOOMで行われましたが、本校の5学年代表児童が参加しました。各学校からの貴重な実践をお伺いすると共に、本校からは、米作り及びキッズわくわく村について発表しました。キッズわくわく村は、本年度わくわくむらが例年のように実施できない状況を見て、5年生の子どもたちが、自分他たちで計画運営できないかということで、校内で全校児童を対象に実施した実践です。内容がよくまとめられ、代表児童3人で分担をし、しっかりとした発表ができたかと思います。 
2021年2月2日(火)来入児1日入学・保護者説明会
 本日は124年ぶりの2月2日の節分のようですが、高山小学校では来入児1日入学・保護者説明会があり、来年度入学する園児と保護者の皆様にご来校いただきました。子どもたちは、学校探検をしたり、ビデオで撮影をした1年生による学校紹介を見たりしました。また、1年生からのびっくりカップのプレゼントもあり、嬉しそうでした。保護者の皆様には、入学にあたって説明を各担当からさせていただきました。入学式まで残り2か月程ですが、高山小学校職員一同、御入学を楽しみにしながら準備を進めたいと思います。  
2021年1月26日(火)立ち会い演説会
 先週より教室訪問等の選挙活動が始まり、本日、立ち会い演説会が行われました。3年生の卒業が近くづくと共に、児童会も6年生から5年生へのバトンタッチの時期となりました。本来であれば体育館で行われる立ち会い演説会ですが、コロナ禍ですので、放送での実施となりました。両候補共に、自分の考えを立派に伝えていました。今後、委員長などの組閣も行われ、いよいよ5年生がリーダーとなって進める児童会が始まりますが、6年生が残してくれた財産を大切にしつつ、新たな新児童会をつくっていって欲しいと思います。 
2021年1月18日(月)読み聞かせ
 本日は、6年生を対象に信州高山民話のさとしゃくなげの皆様にご来校いただき、高山の民話の読み聞かせをしていただきました。また、英語にも親しんでもらおうと、ALTや専科職員等の本校職員で英訳をして、英語での読み聞かせも同時にしていただきました。企画自体は、1学期より始まっていましたが、新型コロナウィルス感染症対策のためなかなか実現できませんでした。しかしながら、信州高山民話のさとしゃくなげの皆様の熱い情熱によって、感染症対策をした上で、ようやく実施の運びとなりました。ありがとうございました。
2021年1月15日(金)スキー教室
 本日は、3・4年生のスキー教室でした。お天気にも恵まれ、スキーをしていると暑さを感じるくらいでした。ほぼ貸し切り状態の中、インストラクターの先生方の丁寧な指導によって、子どもたちはどんどん上手になっていくのが分かりました。午後になるとすべてのグループがリフトに乗って滑っていました。高山の自然に親しみ、スキーを満喫した一日でした。
2021年1月12日(火)書き初め展
 本日より書き初め展が始まりました。各教室や教室前の廊下には、この冬休みに書き上げた子どもたちの書き初め作品が飾られており、力作揃いです。また、この他にも、冬休みの思い出なども掲示されています。廊下を歩いているだけで、子どもたちの冬休みの様子が伝わってきます。


 
2021年1月8日(金)3学期終業式
 年末年始休業が明け、本日より三学期がスタートしました。全国や長野県では、新型コロナウィルス感染が拡大していますので、引き続き、感染症対策を行い、教育活動を進めて参りたいと思います。本年も、ご支援ご協力の程、よろしくお願い致します。
 本日の三学期始業式では、二学期にお話をした「あいさつ」「思い込み・偏見・差別に気をつける」ことを引き続き進めるとともに、「目標に向かって日々の生活を送ること」「一年間のまとめをすること」「よき別れをし新たなステージでのよいスタートにつなげること」について話をしました。
2021年1月7日(木)非違行為防止研修
 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 さて、高山小学校では年間を通して非違行為防止研修を行っています。2学期最終日の12月25日(金)には、飲酒運転やスクール・セクハラについて資料をもとに研修を行いました。非常に身につまされる内容でした。また、本日は新年のスタートにあたって、風通しのよい職場環境作りを大切に考え研修を行いました。今後も、継続的に研修を進めていきたいと考えています。
2020年12月25日(金)2学期終業式
 本日は2学期最後の登校日となりました。朝からサンタさんがお出迎えをして1日が始まりました。2学期終業式では、1年生と6年生の代表生徒の発表がありました。2学期を振り返り、立派な発表ができました。私からは以下のことを子どもたちに伝えました。明日からは、冬休みとなりますが、1月8日(金)には、元気な子どもたちと会えるのを楽しみにしたいと思います。お世話になった皆様方、本当にありがとうございました。

【2学期終業式でのお話】
全校の皆さん、こんにちは
 今年も残すところ、7日となりました。登校日数91日の2学期が今日で終わります。長かった2学期ですが、みなさんにとってどんな学期になりましたか?。2学期のはじめに目標を立て、それに向けて頑張った人も多かったと思います。また、反省を元に、3学期や来年につなげていこうと思っている人もいるかと思います。
 さて、2学期を振り返ると、臨時休業期間が長かった1学期に比べて、新型コロナウィルス対応をしながら、様々な活動をすることができた学期だったのではないかと思います。
 体を動かし自分たちの力を精一杯発表した運動会。かけっこ・徒競走、学年種目の発表は、どれも見事でした。
 音楽会は、例年のように合唱はできませんでしたが、みんなで力を合わせて合奏を披露しました。全校一緒にはできませんでしたが、2学年ずつ、6年生も入ってお互いに聴き合うことができましたね
 修学旅行は、6年生にとって楽しみの行事でした。中止の可能性もありましたが、多くの方のご協力やご支援で目的地を変えて実施することができました。私も同行しましたが、6年生の皆さんの嬉しそうな笑顔が忘れられません。
 各学年の社会見学・遠足も何とか実施ができました。1年生は秋探し遠足、2年生は臥竜公園への生活科遠足、3年生は上高井のお店や共選場の見学、4年生は浄水場、クリーンセンター、防災倉庫等の見学、5年生は新聞社や工場の見学、6年生は県立歴史館や地下壕の見学と、小学校の中だけでなく、外に出てたくさんのことを学びましたね。
 その他にも、焼きいも大会、交通安全教室、読書旬間等の活動は、皆さんの心に残ったのではないかと思います。
 さて、校長講話では、私から2つのメッセージ「あいさつ」と「思い込み・偏見、差別に気をつける」ことについてお話をしました。
 あいさつは(1)自分からすすんで(2)明るく、相手につたわる声で(3)笑顔をそえてができるようになりましたか。児童会では、挨拶名人や挨拶スタンプラリー等の活動に取り組み、成果を残してくれましたね。
 思い込み・偏見や差別については、森繁久弥さんの体験の他、新型コロナウィルスの不安や恐れに振り回され、人を差別したり、心ない言葉をかけたりしないことも併せてお話しましたね。自分も友達もうれしくなる言葉をつかって互いの絆を深め、差別や偏見に負けませんでしたか?
 これらのことは、3学期も続けてくださいね。
 さて、明日からは待ちに待った冬休みです。楽しく充実した冬休みにして、家族みんなで笑って過ごしてください。
 ところで、お正月と言えばどんなことを思い出しますか。
食べ物では、お餅を食べたり、おせち料理を食べたりしますね。お餅を使った料理では、雑煮などがありますが、皆さんの家では、どんな物をを入れますか。地方や家庭によってずいぶん違うようですよ。大根、にんじん、椎茸、鶏肉、ごぼう、えび、かまぼこナルト、厚揚げ、さけ、じゃがいも、糸こんにゃく、等々、多種多様です。ちなみにお餅も、四角い餅、丸い餅など形も違うようです。
 おせち料理も、それぞれの料理には意味があるようです。黒豆は、家族みんなが今年も1年まめで元気にすごせますように、働けますようにという願いがこもっているそうです。きんとんは、「金団」と書き、金の集まったもの、財宝(ざいほう)という意味です。今年もゆたかな生活が送れますようにとの願いがこもっているそうです。
 遊びでは、カルタやスゴロクなどが昔からのお正月の遊びとされていますが、他にもどんな遊びがあるのでしょうか。
 お正月については、このほかにも初詣、書き初め、初夢、七草がゆ等々、おもしろいことがたくさんありますので、お家の人に聞いたり、調べてみたりするのもよいかもしれませんね。
 最後に冬休みに向けて4つのことをお話しします。
 一つ目は「早寝早起き朝ごはん」を心がけ、リズムある生活を送ってください。年末年始は、寝るのが遅くなるときがあるかもしれませんが、連続して毎日だらだらした生活にならないようにしましょう。
 二つ目は「交通安全」に気をつけましょう。冬は道路が雪等で滑りやすくなっています。皆さんが転んだり、車が滑ったりすることで、普段より危険性が増しますので、十分に気をつけてください。
 三つ目は「自分のためだけでなく、人のためにも行動しましょう」。例えば、年末は大掃除があるかもしれませんが、家族のために、自分のできることを進んでお手伝いしましょう。
 四つ目は「健康第一」です。マスク、手洗い、消毒、換気、ソーシャルディスタンスなどに気をつけ、元気に冬休みを過ごしてください。
 それでは、これで2学期終業式のお話を終わりにしますが、よい年を迎おえください。そして、令和3年1月8日(金)には、全員元気に高山小学校で会いましょう。
 
2020年12月21日(月)2学期最終週
 先週はご多用の中、個別懇談会にご来校いただきありがとうございました。今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、保護者の皆様とお目にかかれる機会も少なく、貴重な場になりました。また、健康チェックシートによる感染拡大防止にもご協力をいただきありがとうございました。
 さて、2学期も最終週となりました。夏休みも少なく、計画休業も登校日なり、子どもたちにとっては、長い学期だったかもしれませんが、よい締め括りができるように残りわずかな登校日を大切に、教育活動を進めていきたいと思います。 
2020年12月15日(火)校長講話
 今週は降雪が予想されていましたが、高山の地もすっかり雪化粧となりました。
 さて、今日は、新型コロナウィルス感染拡大防止に寄せて、校長講話をしました。今日は、大きく分けて2つのことを話しました。
 1つ目は、病気そのものに対しての予防についてです。予防は、今までも気をつけてきてきましたが、「マスクの着用(咳エチケット)」「手洗い」「消毒」「換気」「ソーシャルディスタンス)」など、自分のためだけでなく、周りの人のためにもしていくこと、そして学校以外でも、今まで以上に予防対策をして過ごすことを伝えました。
 2つ目は、不安や恐れにふりまわされ、人を差別したり、心ない言葉をかけたりしないようにすることについて話をしました。不安や恐れから不確かな情報を信じたり、人を傷つけたりすることにならないように努めると共に、自分も友だちも嬉しくなるような温かい言葉をかけあって、みんなで絆を深めていくことの大切さについてお話をしました。
2020年12月9日(水)クラブ作品展
 クラブ活動で制作した作品を展示中です。本年度、クラブの実施回数は少なかったですが、立派な作品となりました。展示してあるのは、切り絵とイラストになります。どの作品も想いが詰まっており、力作です。
2020年12月4日(金)本年度最後の焼き芋 
 本日4年生の焼き芋が行われました。本来であれば、3年生との交流を含めての実施予定でしたが、学年内での実施に変更をしました。すでに3年生の焼き芋は終了しており、これで全学年の焼き芋が終了しました。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、3・4年生は交流ができませんでしたが、外で元気に遊びながら、焼き芋ができるのを待つ姿は、自然豊かな地域ならではの教育活動であり、嬉しく思います。
2020年12月3日(木)読書旬間 
 12月になり、今年も残すところあとわずかになりましたが、2学期の締めくくりをしながら、教育活動を進めていきたいと思います。
 さて、本日より読書旬間が始まりました。子どもたちには、読書の喜びや楽しさを味わってもらうとともに、進んで本を読む習慣を身つけてほしいと思います。読書旬間中は、図書館の本の2冊貸し出し、職員によるおすすめ本の紹介、職員による読み聞かせ(おはなしおいでよ)等を行います。来週末からは、個別懇談会が始まり3時間授業となりますので、時間的にも余裕ができ本に親しむチャンスかと思います。 
2020年11月26日(木)「ゲームも楽しいんだけれど・・」 
 本日は授業公開日の予定でしたが、近隣の状況を鑑み、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止となりました。併せて、PTA講演会も予定をしておりましたが、保護者の皆様にご来校いただいての講演会は中止としました。しかしながら、子どもたちには感染拡大防止をした上で、4年生から6年生まで各学年毎に時間を分けて、講師の先生にご講演をいただきました。講師の先生からは、「ゲームも楽しいんだけれど・・・」と題して、ゲーム障がいの危険性や、「クアルト」という遊びを紹介していただき、身の回りにあるものを使って工夫をしてみんなで遊ぶことの楽しさについてお話をいただきました。保護者の皆様に向けての講演については、グーライトさんに録画をしていただき、後日たかやまチャンネルでの放送を予定しております。 
2020年11月19日(木)信濃教育会全県研究大会   
 本日、信濃教育会全県研究大会(国語)が本校で実施されました。子どもたちの下校後に人数を制約し、新型コロナウィルス感染拡大防止をした上で、授業をビデオで見て授業研究会を体育館で実施しました。参加いただいた先生方からは、多様な視点から多くのご意見を伺い、今後の授業改善に向けての示唆をいただきました。また、指導主事の先生からも的確な指導をいただき、授業者はもちろんのこと、本校にとっても多くの学びを得た貴重な時間となりました。これまで、お支えいただいた多くの方々に感謝をいたします。ありがとうございました。
2020年11月16日(月)
   高山小学校PTAわくわく村長野県社会教育功労受賞
 本日、長野県教育委員会より、多年にわたり社会教育の振興に貢献されたとして、高山小学校PTA「わくわく村」の活動が認められ、社会教育功労賞を受賞致しました。PTAを代表して、PTA会長さんが出席をし、賞状の授与及び記念写真を撮影しました。今まで、活動に携わっていただいた皆様に感謝をするとともに、今後も、活動が継続されますように、ご協力をお願いしたいと思います。
2020年11月12日(木)焼き芋大会
 先日、さつま芋の収穫をしましたが、今日は1・6年生で焼き芋大会を行いました。校庭で一緒になって遊んで交流を深めたり、焼き芋を一緒にいただいたりしました。広い校庭でたっぷり遊び、美味しい焼き芋をいただけることに幸せ一杯の様子でした。他学年も明日以降、焼きも大会を行う予定です。
2020年11月11日(水)思い込みや偏見
  今日は、校長講話で森繁久弥さんの「ふと目の前に」のお話や隠し絵を紹介し、「思いこみ」や「偏見」はいろいろな見方をできなくしてしまったり、相手の立場や気持ち、その人の本当の姿を見えなくしてしまったりすることがあることについてお話をしました。学校生活の中にもそんなことはないか、また自分自身に対しても思い込みで自分の限界を決めてしまっているところはないか、子どもたちに投げかけてみました。
2020年11月10日(火)プレ・キッズわくわく村
 5年生の子どもたちが、総合的な学習の時間にプレ・キッズわくわく村を計画し、先週より業間休みの時間に全校を対象に実施をしています。今日は、「バスケットボール」「マット・とび箱」「サッカー」「パソコンでオリジナルのしおりを作ろう」の4講座を実施しました。私は、体育館で行っている「バスケットボール」「マット・とび箱」を参観させていただきましたが、楽しそうに活動に取り組んでいました。与えられた場に立つのではなく、自分たちで企画・運営をすると言うことは、子どもたちにとって貴重な経験の場になっているかと思います。この経験をどのように発展させていくのか、楽しみにしています。
2020年11月4日(水)2年生の国語の授業
 本日は、11月19日に行われる信濃教育会全県研究大会に向けて、2年生の国語の授業が行われました。本年度はコロナ禍の中ですので、感染リスク等を考え、事前に授業をビデオで記録し、19日当日は、ビデオを見ながらの授業研究会となります。単元名は「馬のおもちゃの作り方 おもちゃの作り方を説明しよう」で、説明書を書くために説明文を読む授業でした。子どもたちは、筆者が分かりやすい説明をするためにしている工夫を見つける授業でしたが、友達と関わりながら筆者の工夫を最終的には分類をして理解していました。瞳を輝かせながら学習に取り組む素直な子どもたちに多くのことを学ばせていただきました。
2020年11月2日(月)11・12月の生活目標
 11月になり、朝晩はすっかり寒くなってきました。 さて、本日児童会長が11・12月の生活目標をプリントにして持ってきてくれました。「あいさつのはなをさかせよう」ということで、種を植え、芽を育て、いよいよ花を咲かせるときがきました。1年間をかけて、あいさつを大切に考え、取り組んできてくれていますが、いよいよ集大成とも言うべき目標、活動となってきました。
(1)自分から進んで
(2)明るく、相手に伝わる声で
(3)笑顔をそえて
となるように、高山小学校にあいさつの花が咲き誇る11月、12月にしていきたいと思います。
2020年10月29日(木)サツマイモ掘り
 秋の収穫期を迎え、高山小学校の各学級でもサツマイモ掘りが始まっています。今日は3年生のクラスがサツマイモ掘りを行っていました。まずは、地上のツル等を取り除き、その後にサツマイモ掘りをしていました。みんな元気いっぱいに作業をし、立派なサツマイモを収穫できました。今後、各学年・学級で焼き芋をする予定です。
2020年10月26日(月)交通安全子供自転車須高地区記録会
 昨日、交通安全子供自転車須高地区記録会が開催され、本日は子どもたちが、校長室へ結果の報告に来てくれました。子どもたちは、昨日の記録会に臨む姿同様、堂々として輝いていました。昨日は、私にとって初めての子供自転車大会の参観でしたが、感動的な姿を見させていただきました。今まで練習に取り組み培った力をもとにした子どもたちの実技は、スピード、安定感が抜群で、すばらしい姿でした。
 一人ひとり結果は違い、その結果に寄せいる想いも異なるかもしれませんが、まちがいなく、子どもたちは輝やいていましたし、真剣に取り組んできたからこそ得られる想いがあると感じました。よい姿を見せてもらい、感謝の気持ちがあふれてきました。  
2020年10月23日(金)
    交通安全子供自転車須高地区記録会壮行会
 明日10月24日(土)に交通安全子供自転車須高地区記録会が開催されることとなりました。今年度は、新型コロナウィルス対応のため、練習が制限されたり、発表の機会を失ったり、子どもたちにとっては、つらい年になりました。特に6年生は、最後の年がこのような形となり、やりきれなさが残ったと思います。しかし、子どもたちはこのような状況に負けず、練習再開後は、自分たちのためだけでなく、ゆずり葉の精神で下級生のために、できることを精一杯取り組んできました。本当に頭の下がる思いです。そんな子ども達に記録会開催の朗報が飛び込みました。開催に当たり、尽力してくださった関係者の方々には本当に感謝です。
 本日は、明日の記録会に向けての壮行会を開催し、選手の皆さんによる実技発表や決意の言葉等がありました。体育館で実施しましたが、新型コロナ感染予防のため、本日は6学年と3学年のみを対象とし、他学年は来週の報告会で実技発表等ををしてもらう予定です。
 明日は、今までがんばってきた自分を信じて、精一杯の力を発揮することを期待しています。目標に向かって一生懸命取り組む姿は、周りの人に感動を与えます。記録会でも、精一杯輝いて、楽しんできて欲しいと思います。  
2020年10月22日(木)音楽会

 一学期より延期になっていた音楽会ですが、いろいろな工夫をしてようやく開催することができました。6つの学年を3部に分けて分散形式で行いましたが、下級生に最高学年である6年生の演奏を聴かせたいということで、6年生はすべての部で発表してもらいました。今年は合奏のみの発表でしたが、子どもたちは一つ一つの音を重ね、「いい音楽会にしよう」「みんなでまとまってよい発表にしよう」、そして何より、「音楽を楽しもう」としていました。また、どの学年も発表する友だちの演奏を目や耳だけでなく、心を寄せて一生懸命聴こうとする姿がありました。一人一人が瞳を輝かせて音楽会に臨み、素敵な音楽会になりました。 
2020年10月20日(火)音楽会特別時間割
 音楽会が今週の木曜日に迫りました。学校では特別時間割を設定し、各クラス体育館での練習時間が設定されています。子どもたちは経験の多い高学年なるにつれて緊張感が高まってきているように感じます。当日は3回に分散をしての発表となります。保護者の皆様にも参観制限をかける形になってしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。  
2020年10月16日(金)1年生「秋さがし」遠足
 本日は1年生の遠足で、You游ランドまで秋さがしに行ってきました。私も引率職員として参加しましたが、子どもたちは元気一杯で、行く道では今日のお弁当から高山の秋の様子までいろんなことを話してくれました。目的地のYou游ランドでは、秋さがしや遊具での遊びを各クラス交代制で行いました。秋さがしでは、どんぐりや松ぼっくりなど、大きさ、色、形等の違いに目を輝かせて拾い集めていました。遊具でも思いっきり遊んでいましたが、川や池に興味を示す子どももたくさんいて、自然そのものが遊具のようでした。たくさん活動したので、お腹がすいたようで、お昼は美味しそうにお弁当を食べていました。子どもたちの笑顔が一杯の遠足でした。 
2020年10月15日(木)4年生社会見学
 連日、社会見学が行われています。 本日は、4年生の社会見学です。高山村の自然や文化にふれると共に、浄水場や地力増進クリーンセンターの見学を通し、資源の活用について学びます。出発の会に向けて集合した子どもたちは、とてもワクワクしているようで、たくさん話しかけてくれました。日に日に寒くなってきていますが、体調には十分に気をつけ、しっかり学習してきてほしいと思います。本日も高山村には、バスを4台に用意していただき、本当に感謝です。
2020年10月14日(水)授業研究と職員研修
  本日は年間計画では、上高井教育課程研究協議会のため計画休業の予定したが、新型コロナウィルス感染予防もあり中止となり登校日でした。しかし、せっかくの機会ですので、本校だけで、図画工作についての授業研究と職員研修を行いました。授業は、4年生ですずらんテープを用いて、海の生き物を制作する授業でした。子どもたちは、すずらんテープの特徴である「さく」「ねじる」「丸める」「重ねる」等を生かして、自分の抱く海の生き物のイメージに沿って豊かに表現をしていました。放課後は、図画工作について、授業改善に向けた研修を行いました。  
2020年10月14日(水)2年生社会見学
  本日は2年生の社会見学で、臥竜公園に出掛けました。バス4台に分乗し、臥竜山に登ったり、須坂市動物園の見学をしたり、子どもたちは大変楽しみにして出発しました。私も一緒に行こうと子どもたちからお誘いを受けましたが、本日はお留守番です。子どもたちには、目、耳、鼻、手等の体を通してたくさんのことを感じ、学んできたことをお家の方に話せるようににしてくださいとお話をしました。きっと、笑顔でたくさんのお土産話をもって帰ってきてくれることと思います。 
2020年10月7日(水)8日(木)6年生修学旅行
 新型コロナウィルスで実施すら危ぶまれた修学旅行でしたが、保護者の皆様のご理解もあり、無事修学旅行が実施できました。ありがとうございました。6学年では旅行業者の方と何度も打ち合わせをし、修正を重ねててきました。
 2日間、やや天候には恵まれませんでしたが、すべての見学、活動を実施することができました。6年生の子どもたちは、あいさつはもちろんのこと、何処に行っても話をよく聞き、きちんと反応をし、みんなで気持ちのよい修学旅行を創り上げようとする姿勢が感じられました。とても気持ちのよい修学旅行であるとともに、すばらしい6年生の姿を誇りに思いました。6年生にとっては、残り半年の小学校生活ですが、この修学旅行で見せてくれた力、そして修学旅行を通して成長した姿を全校に発信し、下級生を引っ張り、姿で示す財産を残し、立派に卒業をしていってほしいと思います。
2020年10月6日(火)総合的な学習の時間研究授業
 5年生の総合的な学習の時間の研究授業が行われました。2年生との交流を行ってきた子どもたちが、さらに交流活動を発展させて、自分たち自身で運営する「キッズわくわく村」の開村を目指し、各グループで考えた講座を互いに披露し合い、出来映えを確認し、改善点を決め出す授業でした。放課後は、授業研究会を行い、指導主事の先生からもご指導をいただきました。学んだことをもとに、子どもたちによりよい授業が提供できるように、授業改善に努めていきたいと思います。
2020年10月2日(金)メディアコーディネーター派遣事業
 メディアコーディネーター派遣事業として講師の先生に来校いただき、9月末より本日まで、パソコン室で、学年に応じてパソコンの使い方やネットモラル、プログラミングの基礎などについて学習をしました。6年生の授業を参観しましたが、コンピュータに意図した処理を行うよう指示をすることについて、例や課題を通して子どもたちは取り組んでいましたが、コンピュータに意図した処理を行わせるためには必要な手順があり、論理的な思考力が必要であることを感じ取ったのではないかと思います。 
2020年10月2日(金)5年生社会見学
 日本を支える工業や地域の情報産業と社会との関係について学ぶことをねらいに、5年生全員がそろって社会見学に出掛けました。出発の会では、学年の先生から、学習のねらいの確認とマナーや学習態度についてお話がありましたが、子どもたちは、真剣に話を聞いていました。この姿勢ならば、きっと多くの気づきがあり、よい社会見学になったことと思います。 
2020年9月30日(水)交通安全教室
 交通安全教室が連学年毎、3回に分けて実施されました。今日は、車には死角があることや車の内輪差、さらには衝突時の様子や制動距離等、多くの危険について学習をしました。暑かった夏の気候も和らぎ、気持ちのよい秋を迎え、外に出る機会もあると思いますが、登下校を含め、十分安全には気をつけ過ごしていきたいと改めて思いました。
2020年9月28日(月)3年社会見学
 今日は3年生の社会見学でした。高山歴史民族資料館に伺い、昔の暮らしや様子について調べ、昔と今の暮らしの違いについて学習をしてきました。村のバスを利用させていただきましたが、コロナ対応で、2台のバスとワゴン1台に分乗して出発しました。朝方は天候が不順で心配をしましたが、段々に回復してきました。
 1学期は社会見学の実施を見送らせていただきましたが、村の配慮にも助けられ、しっかり学習ができ感謝です。木曜日は別のクラスが出発する予定です。
 
2020年9月19日(土)運動会







 天候が心配されましたが、無事運動会が行われました。雨が降ることはありませんでしたが、気温が低く肌寒い天気の中、子どもたちは今までの練習の成果を発揮し、全力で取り組みました。ゴールまで力一杯走り切ったかけっこ・短距離走、みんなで協力をして創り上げた団多種目、6年生を中心にした応援・係活動等、運動会を通して、全力で走ることや集団で運動することのよさを味わったり、互いを見合い認め合ったりすることができたのではないかと思います。
 新型コロナウィルス感染拡大防止対策を検討し、本年度は、特別時間割を行わず体育の授業で練習した中での発表、種目数の減少と、例年とは違うスタイルで実施をしましたが、いかがだったでしょうか。withコロナの中で、行事を通してどんな力をいかに子どもたちにつけていくかを考え運動会を実施しましたが、今回の運動会を振り返りながら、次の行事につなげていきたいと思います。お気づきのことがありましたら、お知らせください。

2020年9月18日(金)運動会前日
明日を運動会に控え、最後の練習が行われています。あいにくの天気ですが、体育館も使いながら、各学年リハーサルに余念がありません。明日の天気も心配されますが、何とか開催できることを祈っています。本日午後は、できる範囲の準備を行い、明日に備える予定です。
2020年9月16日(水)運動会全校練習
 運動会に向けての全校練習が行われました。開閉会式の流れと行動の確認、紅白別の応援について練習をしました。いずれも例年とは異なるスタイルになっています。開閉会式は、校庭中心には集合せず、基本的にいすに座ったまま行います。また、応援も、例年行っている応援合戦の形態はとらず、かけっこや競技型の学年種目の時に、その場で応援団のリードに従って、手拍子などで応援をします。
 さて、運動会まで残り3日となりました。全校練習と共に、各学年仕上げの練習に取り組んでいます。かなりできあがってきていますが、残りの練習に集中し、自分たちが納得できる運動会にしてほしいと思います。  
2020年9月15日(火)稲刈り
 5年生の子どもたちは、地域の方のご厚意で5月に田植えを行い、成長した稲を本日刈ることができました。私自身は所用で、稲を刈る場面には間に合いませんでしたが、ちょうど稲刈りが終わった子どもたちに出会うことができました。みんなよい表情をしており、地域の方に「ありがとうございました」とお礼を言いながら帰って行く子どもたちを見送ることができました。稲刈りの様子をお伺いすると、このところ雨が降り足が取られやすい状況でしたが、転ぶ子どももなく、初めての経験に一生懸命取り組んでいたようでした。今は、バインダーやコンバインで収穫することがほとんどで、なかなか鎌で稲を刈ることもなく、ましてや子どもたちが経験することは少なく、貴重な機会になったかと思います。ありがとうございました。
2020年9月14日(月)わくわく村について
 総合的な学習の時間に、高山小学校の特徴的な活動である「わくわく村」について調べている学級があります。今日は、開村当時から、ずっと関わっていただいている事務局の方に来校いただき、お話を伺いました。といっても、子どもたちが積極的に質問をする形でのお話が主でした。子どもたちは、開村当時の経緯や様子、どんな講座があったのか等、疑問に思ったこと聞き、プリントにメモしていました。今年はいろいろな制約があるものの17年間に渡って続いてきた「わくわく村」ですので、いろいろなできごとがあり、私自身も興味深くお話を伺いました。子どもたちは、お伺いしたことを参考に、自分たちの総合的な学習の時間の活動を発展させていこうとしているようです。今後が益々楽しみです。
2020年9月11日(金)朝の時間
  8:20〜8:35までは、「朝の時間」として日課が組まれ、各学年・学級で活動が行われています。基本は読書ですが、姉妹学級で読み聞かせをしたり、運動会に向けて表現の練習をしたりしている姿が見られます。また、6年生の応援団の子どもたちは、旗や太鼓を使って練習している姿も見受けられました。この時期ならではの光景かと思います。
 少しずつ秋の訪れを感じる時期となってきましたが、今日も元気よく一日のスタートが切られました。
2020年9月8日(火)児童会活動
 先週のあいさつ週間に引き続き、児童会活動が各員会で行われています。昨日の児童会では、保健委員会が、流しの掃除を一生懸命行ってくれていました。自然委員会では、花の絵コンテストを実施し、結果を掲示してくれました。今年は予定していたことがすべてはできませんが、6年生を中心に地道に活動を行っています。
 




2020年9月4日(金)読み聞かせ
 一学期に実施できなかった「読み聞かせ」を学校ボランティアの方に来校いただき行っています。本日は4年生を対象に、朝の時間に行いました。書画カメラを使いながら絵本をテレビに映し、読んでいただきました。子どもたちは、思わぬ話の展開につぶやきを交え、興味深そうに話を聞いていました。こうした活動ができることは、大変ありがたいかぎりです。今後も、お世話になりますが、よろしくお願いします。
2020年9月3日(木)運動会の練習
 9月19日(土)に予定されている運動会に向けての練習が始まっています。本年度は、例年のような特別日課は組まず、体育の授業を中心に練習を行い、競技や運動を楽しむことをめあてに、3密をできるだけ避け、種目を絞っての開催となります。来賓の皆様の人数も制限させていただいたり、各家庭もできるだけ人数を少なくしていただくようにお願いをしたりしています。 
 今後、限られた時間の中ですが、子どもたちは運動会に向けて精一杯練習を進めます。各家庭におかれましても、運動会に向けての子どもたちへの応援や体調管理をよろしくお願いします。
 本日、6年生は、「組体操」に代わる種目として運動会で発表をする「集団行動」の練習をしていました。外部から指導者をお招きし、練習の様子を見て助言をいただきました。他の学年も@かけっこ・短距離走とA学年種目を練習しています。まだまだ暑い日が続きますので、熱中症には十分に気をつけ、練習を行いたいと思います。
2020年9月1日(火)避難訓練
 本日、本年度2回目の避難訓練が行われました。今回は、「休み時間に地震が発生し、校庭へ避難する必要が生じた」という想定で訓練を実施し、災害発生時の心得を身につけ、どんなときでも集団で安全かつ敏速に避難できる実践的な態度や能力を養うことをねらいとしました。
 最近、日本では、多くの大きな地震が起こっています。25年程前には阪神淡路大震災、9年前には東日本大震災が起こりました。4年前には、熊本で大地震がありました。つまり、地震はいつこってもおかしくないということです。高山村も決して例外ではありません。今年は、新型コロナウィルスの感染が世界中であり、当たり前が当たり前ではないことを嫌と言うほど思い知った年です。地震や様々な災害も同じかと思います。したがって、決して人ごとではありません。
 さて、こうした災害が起きたときには、周りの状況をよく見たり、放送をよく聞いたりして、情報を的確に集めると共に、危険な場所を避け、何処にどうやって逃げればよいのか考えねばなりません。また、逃げるときには、「おはしも」の原則に従い、「押さない」「走らない」「しゃべらない」「もどらない」を守って避難をします。今日の避難訓練を通して、子どもたちと安全に避難するための態度と行動を改めて考えることができたかと思います。 
2020年8月31日(月)あいさつ週間
 本日より9月4日(金)まであいさつ週間が行われます。児童会では、あいさつを大切に考え、6・7月の生活目標が「あいさつの種を植えよう」でしたが、8・9・10月の生活目標は「あいさつの芽を育てよう」とステップアップしました。児童会では具体的な活動として、あいさつ貯金通帳を全児童に配付し、自分からあいさつをした人の数を1スマイルとして貯めていきます。スマイルの数であいさつ名人を決め、あいさつ名人になった児童には、「あいさつ推進委員」として、各学級のあいさつを牽引してもらうようにします。
 「気持ちのいいあいさつ @笑顔でA元気よくB自分から」を合言葉に子どもたちは頑張っています。
2020年8月26日(水)クラブ活動スタート
 一学期は1回も実施できなかったクラブ活動が始まりました。バスケットボール、サッカー、卓球、バドミントン、ダンス、折り紙・ペーパークラフト、脳トレ・将棋、切り絵・イラスト、パソコンの9つのクラブが設置されましたが、今日は、自己紹介、役員決め、活動計画を作成した上で、早速活動に入りました。残念ながら、例年のような回数は実施できませんが、一人ひとりの興味・関心に即して、技能の向上や作品づくり等を進めてほしいと思います。クラブ活動は異年齢集団での活動でもあるので、温かな人間関係を築く交流も深めてほしいなと思います。
2020年8月24日(月)2学期がスタートして
 8月19日(水)より2学期がスタートしました。暑い日が続いていますが、2学期は多くの行事が予定されています。2学期も新型コロナウィルス感染拡大防止対応のため、変更や制約がある中での行事となりそうですが、子どもたちには、友と関わる中で、主体的に多くの学びを経験してほしいと思います。
 2学期の始業式では、教頭先生より、東井義雄さんの「心のスイッチ」という詩を紹介していただきました。学校では、今日も子どもたちの明るい声が響き渡り、心のスイッチを入れた活動が展開されています。
2020年8月7日(金)わくわく村
 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、例年と同じようなわくわく村はできませんが、事務局の皆様を始め、多くの方々のご協力で、いくつかの講座が開始されています。ありがたいことです。
 さて、昨日は、「星空の学習と観察教室」が行われました。本校の職員が講師となり、星についての説明をパワーポイントで聞いたり、実際に外に出て星の観察をしたりしました。暗くなるにつれ、多くの星が見え始め、夏の大三角やはくちょう座を鑑賞し合いました。途中からは、芝生にシートを敷き、寝転がっての観察になりましたが、なんとも贅沢な時間でした。今後も、わくわく村の講座が続きますが、健康観察や新型コロナウィルス感染拡大防止対応をして、楽しくご参加ください。
 今日、学校に登校するときに、ラジオ体操の帰りがけの子どもたちに会いました。楽しそうに帰って行く姿を見て、よい夏休みを過ごしているようでほっとしました
2020年8月6日(木)暑い日が続きます
 30度超えの暑い日が続きますが、熱中症には十分に気をつけましょう。 さて、朝、学校に行くと、玄関前の校庭土手の花に子どもたちが水やりをしてくれていました。当番活動で来てくれたようですが、ありがたいなと思いました。感謝です。また、体育館に行くと、自転車クラブの子どもたちが一生懸命練習をしていました。それぞれ課題をもち、技能の向上に努めているようでした。帰り際には爽やかな挨拶をしてくれました。
 水やりの子どもたち、自転車クラブの子どもたちとのふれ合いで、とても気持ちのよい日を過ごすことができました。ありがとう。
2020年8月5日(水)夏休みスタート
 本日より夏休みとなりました。本年度は、プール開放もありませんので、子どもたちの声が全くなく、学校はひっそりとしています。本日は業者による各種点検やガラスの清掃があり、安全や環境の整備が行われました。また、職員は、授業について研究部会を行い、2学期の授業に向けての準備が進められました。
 夏らしい暑い日が続きそうですが、健康には十分に留意をして、元気にお過ごしください。
2020年8月4日(火)一学期終業式
 本日、放送による一学期終業式を行いました。代表の児童の皆さんからは、一学期に頑張ったことや思い出、さらには一学期の振り返りを受けて二学期に頑張りたいことを立派に発表してくれました。 
 さて、4月に46名の1年生を迎え、328名の児童で令和2年度の高山小学校がスタートしました。しかし、始まって1週間後には新型コロナウィルス感染拡大防止による臨時休業のため、1学期に予定していた登校日数73日は56日になり、17日短くなりました。生活リズムがつかみにくかったり、友だちとなかなか会えない日が続いたりしました。登校しても、制約ある中での生活や学習で、子どもたちには我慢をしてもらう場面がたくさんありましたが、本当によく頑張ったと思います。また、各学年毎、いろいろな活動を通して成長できた一学期だったかと思います。
 さて、明日から8月18日(火)まで14日間の夏休みです。例年に比べるとかなり短いですが、安全には十分に気をつけ、楽しい夏休にしてほしいと思います。8月19日(水)には、全員の元気な笑顔が見られることを楽しみにしています。
2020年7月31日(金)健康に過ごせる食習慣
 7月28日(火)と30日(木)の2回に分けて、5年生を対象にクラス毎、村の栄養教諭の方から栄養指導をしていただきました。食習慣について考える貴重な機会となりました。
  〜5学年通信より〜
授業は,「子どもたちが大好きなメニューが多い希望献立のような給食が,なぜ毎日出ないのか?」という問いから始まりました。栄養の偏り,つまり油が多く使われているということを確認した後,油の多い食事を取り続けるとどうなるのか,血管に見立てたコップに油を入れる実験を行いました。絵具を溶かした水の中に液状の牛脂を入れると,コップの内側の壁面にたくさんの油が固まりました。「えー!」「すごい固まってきた」「気持ち悪いなぁ…」といった言葉がたくさん出てきました。この状態を実際の血管の模型で説明をしてもらうと,その状態がいかに危険かということがよく理解できたようです。その油ですが,普段よく食べるお菓子(ポテトチップス,カップアイス,菓子パン)にどのぐらい含まれているのか予想し,実際どのぐらいの量になるのかを確認しました。特にカップアイスについては,そもそも油は含まれていないのではないか?と考える子も多かったようですが,実際は23.5gもの油が含まれていることが分かりました。私たちの身近には,油が多く含まれている食べ物がたくさんあることがよく分かりました。ちなみに,5年生の子どもが1日に取ると良いとされている油の量は65gです。その油ですが,取りすぎにより動脈硬化が起こると,心筋梗塞や狭心症,脳梗塞などの命に関わる重篤な病気になってしまうことも知りました。続けて,そうならないためにどうしたらいいのか,みんなで考えました。その中で,魚と人と動物の体温の関係について聞きました。人より体温が高い動物の油は,人の体内で固まりやすいそうです。逆に,人より体温が低い魚は,人の体内で溶けやすく,血管についた油を流してくれる働きがあります。子どもたちからは,「バランスを考えて食べる」「おやつは控える」「野菜や魚をたくさん食べる」「運動をする」といった意見が出ました。(途中略)
 この授業の振り返りや翌日の日記には,油のとりすぎは危険なこと,バランスのよい食事を心がけることについて書かれた感想がたくさんありました。この授業を通して,油の取りすぎ(偏った食習慣)は健康を害する危険が非常に高く,子どもたちもその危険性を強く感じ,自分たちの食習慣を見直すきっかけができました。
2020年7月29日(水)6年租税教室
 本日は村役場税務係の方にご来校いただき、6年生を対象に租税教室を行っていただきました。「どんな税があるのか」について確認をした後に、DVDで「税のある社会」と「税のない社会」を比較し、税の大切さについて考えました。また、税金で建てられているもの(公共施設)と税金で建てられていないもの(民間施設)を分別して、安心をして暮らすために税金がどんなものに使われているかを学びました。租税教室を通し、次代を担う者として「税の使いみち」「税の役割」「税の必要性」等についての理解が深まったかと思います。
2020年7月27日(月)学期末清掃
 4連休明けの本日より、学期末清掃が開始されました。本日の重点個所は、棚・テレビ・黒板・本の上のほこりでした。普段なかなか手が回らないところをこの機会にきれいにしようと,子どもたちはそれぞれの持ち場で頑張っていました。校長室の掃除をしにきてくれた子どもからは、「いすをどかして、その下を掃除してもよいですか」との言葉がありました。ありがたい限りです。こうした姿があれば、きっとよい学期末清掃になりそうだと感じました。
2020年7月22日(水)AED講習
 本日と7月29日の2回に分けて、須坂市消防署高山分署の皆様にご来校いただき高山小学校教職員を対象としたAEDの講習会を実施します。子どもの安全を担う者として大切な機会となります。いざという時の行動をしっかりと身につけたいと思います。
 さて、明日から4連休となります。リフレッシュをして、1学期の残り7日間を元気に過ごすためのエネルギーを充填してほしいと思います。なお、オクレンジャーでもお知らせをしましたが、外出を予定されている場合は、「こまめな手洗いとうがいの励行」「3蜜の回避」等の感染防止対策を徹底いただくようお願いいたします。
2020年7月21日(火)1学期も残すところあとわずか
 1学期も残すところ登校日数は9日となり、カウントダウンが始まりました。学校内を見渡すと、それぞれの学年で、一学期の成果やまとめの様子が見られます。4年生や6年生の廊下には、絵や習字の作品が展示してあります。4年生は「ふしぎな種からまぼろしの花が咲く」と題し、創造的で個性豊かな作品(絵)となっています。6年生は松尾芭蕉の俳句「さみだれを あつめて早し 最上川」(「おくのほそ道」より)を書写しましたが、こちらも文字の大きさ、形、太さ、配列の仕方などによって、趣が異なり、味わい深い作品となっています。1年生は、先日の1年生を迎える会の6年生へのお礼に、折り紙や手紙を書いていました。折り紙の本を見て、新作にチャレンジをしている子どももいて、その子なりの工夫をが見られます。2年生の教室には国語の「スイミー」の学習で製作をした大きな絵が飾ってあります。みんなで一匹の大きな魚みたいになって泳ぎ、智恵と勇気を振り絞って新しい世界に飛び出そうとするスイミーたちの気持ちが伝わってきます。5年生は「計算の間の関係」について学習をしていましたが、解を□として立式し、そこから□を求める学習をしていました。中学1年生で学習する方程式につながる大切な場面でしたが、見方・考え方を働かせ、根気強く学習を進めている姿が印象的でした。3年生は、畑の草取りを班毎に場所を決めて行っていました。一人で取る目安の草の本数を決めて行いましたが終わると早速、土の中の虫に夢中な子どもがたくさん見られました。
 残りわずかな日々ですが、よき学び、まとめをして、一学期を締めくくりたいと思います。
  
  
2020年7月17日(金)1年生を迎える会
 例年だと4月に1年生を迎える会が全校で行われますが、今年度は全校で集まる機会がなかなかつくれず、1年生の子どもたちには寂しい思いをさせてきました。この状況に、6年生の子どもたちが、学級毎ならできるのではないかと言うことで、6年生と1年生の各クラス毎、1年生を迎える会を企画、運営してくれました。本日は、1年2組と6年1組で交流の機会を持ちましたが、ゲーム等を一緒に楽しむことができました。6年生はよく準備をしてあり、てきぱきと会を進めていました。6年生の子どもたちにとっては、1年生と仲良くなることはもちろんのこと、自分たちの持つ力を発揮する貴重な機会になったのではないかと思います。例年とは違う状況下ではありますが、子どもたちの力が発揮され、成長できる場をできるだけもてるようにしてあげたいと強く思いました。
2020年7月16日(木)休み時間の体育館使用再開
 休み時間の体育館使用を控えてきましたが、7月10日より各種イベントの規制も緩和されたこのタイミングで、今週より体育館使用を可としました。雨の日が続き、校庭を使用できないことも多いので、再開を楽しみにしていた子どもも多かったのでは
ないかと思います。再開にあたっては「手洗いの徹底」「換気」「近距離で大きな声を出さない」等のルールを確認し、ボールについては「使えるボール」と「使用したボール」に分け、ボールの消毒を職員が行うようにしました。ちなみ、今日は久しぶりに晴天となり、校庭で遊ぶ子どもたちもたくさん見られました。
2020年7月14日(火)チャレンジ問題2
 チャレンジ問題2に挑戦する子どもが業間休みと昼休みに校長室に来ています。チャレンジ問題1は、3,4年生の子どもたちが多く高学年の子どもは少なかったですが、チャレンジ問題2は、6年生が多く、説明にチャレンジする子どもも見られます。説明は、ただ単に勝ち方を説明するのではなく、どうしてそうすればよいのか、理由をもって説明できるように助言をしています。
 チャレンジ問題2はチャレンジ問題1で使った考え方を使うのが一つのポイントです。授業でも追究の見通しを立てるときに、既習の学習内容と関連づけ、見方・考え方を働かせ、活用できることはないか考えてみることはとても大切なことですが、それと同じだと思います。学びは様々な場にあります。「どこに着目し、どんな考え方を使ったから解決ができたのか」を振り返り、その見方・考え方を他の場面で活用することで、生きた知識や技能になります。
 子どもたちの中には、私の勝ち方(○の消し方)を分析している子どももいます。「学びは真似る」とも言われますが、漫然と見るのではなく、何かヒントがないか考えながら見ることは、いろいろな場につながる行動かと思います。
 ちなみに、チャレンジ問題2のポイントとなるもう一つの考え方のヒントは、以前中学校の数学の教科書に「石取りゲーム」として掲載されていました(考え方は小学生にも理解できます)。説明のチャレンジャーを楽しみに待っています。 
2020年7月13日(月)書写指導
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、例年大変お世話になっている学校支援
ボランティアの方にご来校いただくことができませんでしたが、本日、ようやく書写指導にお越しいただきました。一人ひとりの子どもに対して、基礎・基本を丁寧にご指導いただきありがたい限りです。高山小では、他にも大勢の皆様に支えられており、地域で子どもたちを育てていただいていることを実感しています。ありがとうございます。
2020年7月13日(月)緑化活動
 児童会では緑化活動が行われています。児童会のコーナーには、学校内で育てられているアゲラタム、マリーゴールド、ベゴニア、ガザニア、ペチュニア、ブルーサルビア等の説明が写真入りでわかりやすく掲示されています。先週の授業公開日にご覧いただいた方もいらっしゃるかと思います。高山小は自然豊かな学校で、シロツメクサのように自生の植物もたくさん生息していますが、学年や児童会で育てている植物もたくさんあり、心を潤わせてくれます。水やりを頑張っている姿もあり、大変嬉しく思います。
 
  
2020年7月9日(木)授業公開日
 本年度初めての授業公開が行われました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、地区毎の分散での公開となりましたが、大勢の皆様にご来校いただき、ありがとうございました。子どもたちの様子はいかがだったでしょうか。きっとよい刺激を受けながらいつにも増して、集中したよい学習が展開されたことと思います。
 学校の理科室前には、ひまわりが植えられていますが、ようやく1本のひまわりに1輪の花がに咲きました。まだ、梅雨空ですが、夏の訪れを感じました。
 
  

   
2020年7月7日(火)七夕献立
 本日は7月7日ということで七夕です。夏の大三角を形成している琴座のベガが織姫(織女星)、鷲座のアルタイルが彦星(牽牛星)、白鳥座のデネブが二人をとりもつカササギだそうですが、あいにくの天気で何も見えそうもなく残念です。
 さて、本日の給食の献立は「七夕献立」で、「たなばたそうめん汁、笹かまの磯辺揚げ、手巻き寿司、たなばたゼリー、牛乳」とかなり豪華な献立でした。美味しくいただきましたが、非日常が続いている今年度、子どもたちはどんな願いをもちながら給食をいただいたのでしょうか。

 校長室前のチャレンジ問題をリニューアルしました。早速チャレンジャーが来て、2人が私に勝つことができました。「こうなると負けだよね」等、子どもの気づきが素朴な声となって湧き出てきます。中には、問題をを覚えて家で考えてくるといいながら教室に戻っていった子どももいました。どんな見方・考え方をするとうまくいくのか、自分なりのペースでよいので、粘り強く追究してくれるとうれしいなと思います。
challenge2.pdf へのリンク
2020年7月6日(月)高山村あいさつ運動
 本日、高山村あいさつ実行委員会の皆様による「高山村のあいさつ運動」が行われました。大勢の方にご参加いただき、有り難く感じると共に、地域の皆様の温かさを感じました。小学校の入口付近で、子どもたちにあいさつの声がけをしていただきましたが、子どもたちは少しびっくりしたような顔をしながらも元気にあいさつを返してくれました。あいさつの際に、信州あいさつ運動のポケットティッシュを子どもたちに配りましたが、何人かの子どもが「ありがとうございます」と答えてくれました。本校では、学校目標「ひとりだちともそだち」のもと「つながる交流活動」を大切に考え、「明るく元気で自分からあいさつ」を具体の行動としていますが、「おはよう、こんにちは、さようなら」等だけでなく、相手の行為への感謝の言葉もまわりと「つながる」上で、とても大切な姿だと思います。今後も、様々な場を通し、いろいろな方にご協力をいただきながら、子どもたちのコミュニケーション能力の育成に努めていきたいと考えます。   
2020年7月3日(金)チャレンジ問題解説
 本日、チャレンジ問題の解説をしました。チャレンジ問題に挑戦して、じゃんけんで勝てた人10人(説明ができた人は除く)、説明ができた人5人でした。多くの皆さんがチャレンジをしに来てくれました。今日の解説を聞きに来る人は少なかったですが、何回も挑戦をしたり、どうやったら勝てるのか一生懸命考えたりする姿は、いろいろな場面に生かされると期待しています。また、チャレンジ企画を考えたいと思います。
   
   
2020年7月1日(水)信州型ユニバーサルデザイン研修
 本日より7月になりました。本来であれば一学期の終盤となる予定でしたが、ここから一学期後半です。ようやく学校生活にもリズムができてきた今こそ、一日一日を大切にしていきたいと思います。
 さて、月曜日は国語の授業研究会でしたが、本日は子どもたちが帰ったあとに、ミニ研修会として、信州型ユニバーサルデザインについて研修を行いました。信州型ユニバーサルデザインとは、「全ての子どもが自分らしく学ぶことのできる授業づくり、学級づくりの基盤となる内容」であり、8つの窓口と20の着眼点に整理されています。本日は、その中から、授業のねらいを明確にすることについて学び合いましたが、有意義な研修となりました。
 すべての子どもたちが、生き生きと主体的な学びが創造できるように、私たちも学び続ける職員集団として、今後も研修を深めていきたいと思います。
     
2020年6月29日(月)なかよし旬間と授業研究会
  
 6月22日(月)〜7月10日(金)まで、なかよし旬間が行われており、その一環として、児童用下駄箱横の廊下には、各クラス毎工夫された自己紹介カードが掲示されています。「好きな○○」「はまっていること」等、自分の特徴的なことが、個性豊かに書かれており、素敵なコーナーになっています。
 また、本日は、2年生の国語で授業研究会が行われました。「たんぽぽのちえ」という単元で、「たんぽぽのちえ」とその「わけ」を読み取る授業でした。授業が始まる前は、子どもたちから「緊張する」などの声も聞こえてきましたが、45分間よく集中して、一生懸命学習に取り組んでいました。子どもたちの姿を通して多くのことを学ぶことができましたが、ご指導いただいた指導主事の先生からいただいた指導・助言も含めて、今後の授業に生かしていきたいと思います。
     
2020年6月26日(金)学校内の展示作品
 6月24日(水)にも書きましたが、学校内には子どもの作品が、各教室や廊下に展示されるようになってきました。2学年では、「紙はんが」を製作しましたが、お友達の作品のよさを付箋に書いて作品に貼ってありました。付箋に書いてあった内容を見ると、お友達の作品をよく見ているなと感心させられるものがたくさんありました。学習を通して、お友達の作品のよさに気づく目が養われるとともに、こうしたことは、日常生活の中にもつながっていくのではないかと感じました。
   
   紙はんが(2年)     習字作品(3年)     ポスター作品(5年)
2020年6月24日(水)今シーズン初めての水泳
 水温、気温共に基準値を上回りましたので、2年生をトップバッターに本日より水泳の授業が行われました。朝、登校してきた子どもが「先生、今日は水泳できるよね?」と声をかけてくれましたが、子どもたちにとっては、待ちに待ったというところでしょうか。写真のように赤いテープを貼り、タオルも隣の人と離す等、コロナ対応をした上での実施となりました。今日は、水に慣れることを目的としたクラスが多かったようですが、とても楽しそうでした。
 さて、学校再開から3週間が過ぎ、学校内には、生徒の様々な作品が
示されています。力作揃いで、学習に精一杯取り組んでいる様子がうかがえます。参観日も何かと制約がありますが、ご覧いただければと思います。
  
チョキチョキ飾り(1年)    習字作品(4年)      短歌作品(6年)
2020年6月22日(月)プール開き
 あいにくの天気でしたが、プール開きを朝の放送で行いました。代表の生徒の皆さんは自分のめあてを含め、立派な発表をしてくれました。
 子どもたちには、「プール開きは、安全で、楽しい水泳学習ができるために行う式です。そこで、2つお話をします。一つ目。水泳は、体全体を使う運動です。体力づくりにはとってもよい運動です。今年は例年に比べ時間が限られますが、少しでも長く、少しでも速く泳げるように、水泳の学習をしていきましょう。二つ目。安全に注意して泳ぎましょう。ちょっとした不注意や悪ふざけから、思わぬ大きな事故につながったり、危険な目にあったりすることも多いです。また、今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、次のことにも注意をしましょう。
@着替えも含めてプールで密集しないこと。これは見学をしている人も同じです。
A授業中に、不必要な会話や発声を行わないこと。
Bタオルなどの私物の貸し借りをしないこと
最後に、楽しく、高山小学校のプールでたくさん泳いでください。」と話をしました。例年以上に気をつけることがたくさんありますが、健康・安全管理には十分に留意をして、授業を進めたいと思います。

 さて、今日もチャレンジ問題に挑戦しに来てくれた子どもたちが大勢いましたが、初めて私に勝った人が2人出ました。勝ち方について聞く時間がなかったので、今度説明してもらおうと思っています。
2020年6月19日(金)あいさつの種を植えよう
  本年度の児童会スローガンは「笑顔あふれるお花畑〜明るく・安心・安全な高山小学校にしよう〜」ですが、笑顔あふれるお花畑にするためには、まず種まきをしようということで、本日の昼の放送で児童会長より6・7月の生活目標は「あいさつの種を植えよう」になりましたとの話がありました。取り組みのよさもさることながら、言葉のセンスのよさを感じました。よいスタートになりそうです。
 また、昨日より校長室の前に「チャレンジ問題」を掲示しました。早速、今日はチャレンジャーがたくさん校長室に遊びに来てくれて勝負をしました。やっているうちに、この数字を相手に言われると負けてしまうなと、少しずつポイントに気がついてきたようです。もうじき、勝ち方を説明してくれる子どもが現れそうなので、楽しみにしています。challenge1.pdf へのリンク
2020年6月18日(木)プール開きに向けて
    
 昨日、プールにテントの設置をしました。プールの給水も完了し、あとはプール開き(6月22日予定)を待つばかりです。新型コロナウィルス感染拡大防止対応につきましては、本日、保護者の皆様にプリントを配付させていただきましたので、ご覧ください。暑い夏になりそうですが、安全には十分に配慮をして、子どもたちにとって楽しい水泳となるように授業をしていきたいと思います。
 また、昨日、児童会が行われましたが、本日朝、広報委員の子どもたちが、新しく赴任した職員の名前を全校児童に覚えてもらうために「新しい先生の質問コーナー」を企画したので、6月22日に放送室に来てほしいと依頼に来てくれました。児童会もいよいよ様々な活動が開始されていくことを感じました。
2020年6月16日(火)全校清掃及び久しぶりの米飯給食
   
 今週より、全校での清掃が始まりました。1年生にとっては初めての、2・3年生にとっても久しぶりの清掃となります。まだ慣れないところもありますが、自分たちの教室や清掃分担場所をきれいにしようとしています。清掃にも少しずつ慣れ、学校生活のリズムを作っていってほしいと思います。

 また、本日は、久しぶりの米飯給食になりました。今までずっとパンが続いてきましたが、本日は、ビビンバ丼、シュウマイ、五目スープ、牛乳のメニューでした。6年生の給食のお手伝いをさせていただきましたが、「おいしそう」との声が何人かから聞こえてきました。こんなところにも、日常に少しずつ戻るありがたみを感じています。
2020年6月12日(金)集団下校訓練
   
 4月に実施予定であった集団下校訓練を行いました。PTA校外指導委員会の方にもご来校いただきました。ありがとうございます。今回の訓練は、緊急時の集団下校が必要な場合を想定した練習として行うと共に、子どもの下校が安全に行われているか確認をしました。
 朝は雨が降っていましたが、午後には晴れ間も若干見えるようになり、校庭に集合して予定通りの実施となりました。各地区ごと、一列になって元気に帰って行く姿は、どこかほっとするものがあります。校庭からの帰り際、何人かの子どもたちが率先をしてあいさつをしてくれました。これもうれしい限りです。
 さて、今週まで、清掃は4〜6年生が、1〜3年生の教室を含めて実施をしていましたが、来週より全学年での実施となります(トイレ清掃は、来週も職員が行います)。少しずつ、通常の学校生活に近づきつつあります。 
2020年6月11日(木)今年度初めての避難訓練
  
 本年度,初めての避難訓練を実施しました。4月に実施予定でしたが、臨時休業が続いていましたので、6月の実施となってしまいました。
 今回は、家庭科室より出火との想定の下、避難経路をしっかり覚え、安全に素早く避難することを目的に行いましたが、子どもたちは整然と落ち着いて避難訓練に臨むことができました。まずは、基本を抑えることが第一ですので、火災が起きたときには、どのように行動するかを身をもって理解できたかと思います。
 天候が心配されましたが、安全に関わることですので何とか無事に実施ができて何よりです。一つ一つのことが着実にできることの喜びを感じました。 
2020年6月9日(火)わくわく村開村式
 本日、わくわく村の開村式が、朝のテレビ放送で行われました。事前に収録したものをグーライトさんが編集してくださり、わくわく村の村長さんのお話や今までに実施したわくわく村の様子をコンパクトにまとめ、1年生にもわかるように工夫していただきました。わくわく村は子どもとお家の方と地域の方が一緒になって活動を楽しむ、高山小学校、高山村の大変特徴ある活動です。わくわく村は、今年で実に17年目を迎えます。これだけ長く続くのは、多くの方にご協力いただける高山村の風土と高山村の子供たちに注ぐ愛情の深さの表れだと思います。
 子どもたちには、「今年度は、新型コロナウィルス感染拡大防止による臨時休業が続き、なかなかスタートを切ることができませんでした。また、今後についてもどれだけのことができるかわかりません。しかし、わくわく村の村長さんや、わくわく村が始まったときから中心になって活動しているトトロさんを始め多くの人たちが、何か活動できることや活動できる方法がないか考えてくださっています。本当に有り難いですね。例年のようにはいきませんが、講座や教室が開設できたら、講師の方のお話を聴いて、積極的に活動し、分かったことやできたことを周りの人に伝え、いっぱい楽しんでいきましょう」と話をしました。
 放送終了後に、2年生の子どもたちが校長室に来て、昨年体験したわくわ村の様子や「今年はできるの?」と心配顔で話をしてくれました。何らかの方法で、子どもたちの期待に応えられればと感じられずにはいられませんでした。
2020年6月8日(月)あいさつ運動
 月曜日と金曜日の朝に、児童会の代表委員会の皆さんがあいさつ運動をしてくれています。今日も朝から、大きな声で「おはようございます」の声が響いてきました。職員も子どもたちには積極的にあいさつをしていますが、やっぱり子どもたちからの声がけの方が、学校を創っているようで頼もしく感じます。
 児童総会も全体で集まってはできず、今週動画を視聴する形での実施予定ですが、学校生活をよりよくしていくために、子どもたちが取り組みたいことを可能な範囲で支援していきたいと思います。 
2020年6月4日(木)体育でリレー
 4年生は体育でリレーを行いました。例年ですと、バトンを使ってリレーを行いますが、現在は、用具の共有を避けるために、リレーゾーンを設け、その中に前走者が入ったら次走者はスタートするようにして行っています。本来であれば、チームで協力してテークオーバーゾーン内で工夫をしてバトンパスをする楽しさを味わいたいところですが、リスクの軽減からこのような方法で実施をしています。暑い中でしたが、精一杯体を動かすことや仲間と運動を一緒にする楽しさは味わえたかと思います。途中で、熱中症予防のため水分補給をし休憩を入れましたが、笑顔で私に声をかけてくれる子どももいました。
2020年6月4日(木)朝顔の生長
 
 5月の分散登校時に蒔いた朝顔の種も芽を出し、いつの間にか、双葉、そして本葉もちらほら見られるようになってきました。1年生では、その様子を観察し絵にしたり、気がついたことを書いたりして廊下に掲示してあります。「つるつるしていた」「はっぱがふたつにわかれている」「まんなかからはえたはっぱがちょうみたい」「いろがなんでみどりいろなの」「あさがおはなにいろになるのかな」・・・日に日に変わっていく朝顔の生長に喜びと不思議さを感じている子どもたちです。
2020年6月3日(水)プール清掃
 
       大プールBefore              大プールAfter 
   小プールでの清掃の様子          大プールでの清掃の様子
 6月22日(月)のプール開きを目指し、5,6年生によるプール清掃が行われました。昨日、村から高圧洗浄機もお借りをし、できるだけ効率的に作業が進むように実施をしました。暑い日となりましたが、5,6年生のすばらしい頑張りと高圧洗浄機のおかげで、予定通り1日でプールはきれいになりました。ありがとうございます。明日からしばらく、天日干しをします。
 さて、本年度の水泳につきましては、更衣室やプールでの密を避け、プール水の遊離残留塩素濃度を適切に管理し、安全に配慮をした上で実施予定です。暑い夏が予想されますが、子どもにとってよい学習となるように進めていきたいと思います。

 また、本日は、校長講話がありました。学校再開後の様子に触れるとともに、2つのお話を通して、「あせらず、あわてず、じっくりと、一歩一歩進んでいくこと」を柱に話をしました。感じたことは子どもによっても違いますし、別の面から考えてくれた人もいると思います、どんな感想をもったでしょうか。
koutyoukouwa1.pdf へのリンク
2020年5月27日(水)久しぶりの給食
 
本日より給食がスタートしました。給食が始まることによって、本格的な再開に少しずつ近づいていることを実感したように思います。今日のメニューは、米粉パン、牛乳、春野菜シチュー、トマトオムレツでした。副菜のない献立ですが、給食時の感染拡大がないように給食センターの方が、配膳のしやすや食べやすさなどを考えてくださったメニューとなっており、いつも以上に感謝の気持ちが募りました。もちもちのパン、濃厚な牛乳、風味がまろやかなシチュー、ふっくらとしたオムレツ、高山村の給食はとてもおいしいと改めて感じました。各クラスで、シチューはおかわりの声がたくさんあったようです。感染予防を考え、会話を控えるようになっているため、会話を通してのおいしさの共有がしにくい状況ですが、きっと心の中では、給食のおいしさやありがたみを感じていることと思います。
2020年5月25日(月)学校再開
 本日より学校が再開されました。1ヶ月半にわたり、ご家庭には負担をおかけしましたが、ご協力をいただきましたことに感謝申し上げます。
 今日は、朝の時間を使って、放送で学校再開に向けての心構えや学校生活で気をつけていくことなどについてお話をさせていただきました(詳しくは学校だよりNO3をご覧ください)。 さて、臨時休業が長かったので、学校でみんなと一緒に学習をしたり、生活したりするときの約束などで忘れてしまったことや、年度当初に十分に説明できなかったことがあり、しばらくは学校に慣れていくことが主になっていくかと思います。1年生は、学校探検をして、学校内の特別教室等の説明を受けていました。
 非日常から日常に少しずつ戻っていくことを願いますが、しばらくは、心や体が疲れることもあると思います。学校でも子どもたちの様子をよく見ていきたいと思いますが気になることがありましたら、いつでも学校へご相談ください。 
2020年5月21日(木)22日(金)5年生の田植え

 地域の方のご厚意で、田んぼで田植えをさせていただきました。今年は、臨時休業が続く中、実施が難しい状況でしたが、分散登校日を利用させていただき、2日間に分けて体験をすることができました。地域の方のお話をしっかり聞き、田んぼの中に入っていく5年生はとても生き生きとしていました。「冷たい」「ぬるっとする」「転びそうだ」「苗がきちんと植えられた」等、体験を通してこそ実感する声があちこちから聞こえてきました。
 2日間に分けて受け入れをしてくださったことに大変感謝するとともに、地域に支えられ子どもたちが成長していくことの幸せを感じています。
 さて、来週からいよいよ学校が再開されます。分散登校でなく、やっと全員がそろっての学校が始まります。すべてが、今までのようにはいきませんが、安全に配慮をしながら、子どもたちが楽しく学校生活を送り、一歩一歩成長できる学校でありたいと思います。
2020年5月19日(火)マスクの配布
 昨日、本日と、村の職員の皆さんが手作りで作っていただいたマスクを全校児童に配布しました。感謝です。 ところで、先日、学習動画の配信の中で次のようなお話を子どもたちにしました。
「今、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、多くの人が、我慢をしたり、そのための対応をしてくださったりしています。感謝しかありませんね。そんな人たちに直接、感謝の言葉を伝えることはできないかもしれませんが、心の中でもよいので、「ありがとう」の言葉が言えるといいですね。
 今の時期に限らず、私たちの周りには、感謝することがたくさんあります。そして、時には、本当は感謝しているのに恥ずかしくて、「ありがとう」と言えないこともあるかもしれません。でも、「ありがとう」と言われて嫌な人はいません。もしも、皆さんが誰かに何かをしてあげて、笑顔で「ありがとう」と言われたらうれしくなるはずです。「ありがとう」と言えば言うほど、相手は喜んでくれます。そして、次は、皆さんがありがとうと言われる番かもしれなません。皆さんが「ありがとう」と言うたびに「ありがとう」が集まってきます。家の中で過ごしているときにも、いろいろな人たちに感謝の気持ち、「ありがとう」の言葉を持って過ごしてください。きっと、そんな気持ちをもって、臨時休業明けに登校できたら、楽しい学校生活を送れると思います。」
 私たちは多くの方に支えられていることに向き合えたときに、皆で生きていく喜びを実感できるのかなと思います。マスクの配布を通してそんなことを感じました。
2020年5月15日(金) 校庭の草取り

 本日より、校長室の窓を開設しました。私の目から見た学校の様子等をお知らせしていきたいと思います。よろしくお願い致します。
 さて、昨日、長野県は緊急事態宣言が解除され、いよいよ学校再開が近づいてきました。子どもたちのいない学校はさみしいものですが、もうしばらくの辛抱かと思います。
 学校の校庭は、例年に比べ子どもたちが遊んでいないせいか、草がけっこう生えてきています。昨日オクレンジャーでお知らせしましたように、第1回PTA作業についても本年度は中止となりましたので、昨日、本日と2回に分けて職員作業で草取りを行いました。なかなか全部を抜くというわけには生きませんでしたが、かなりきれいになりました。児童の皆さんが、登校できたときに、安全で気持ちよく校庭を使ってほしいと願いつつ・・・

information

2021年度高山小学校ホームページです。

アクセス

わくわく村

LINK


過去の行事・過去のトピックス
ギャラリー カリキュラム